w 花夢オーナーブログ 第23期花夢新発式 社長挨拶文


第23期花夢新発式 社長挨拶文

Category: メッセージ  

昨日は我が社の都合により、関係各社の皆様には大変ご迷惑をかけました。

お陰様で今回も盛大に式典を開催出来ました。

誠に、ありがとうございます。

本来ならば全ての皆様にお会いしてご挨拶を申し上げたいのですが、この場を借りての醜態をご容赦下さい。

そして大変恐縮ですが、式典での私の挨拶をこのブログにて公開させて頂きます。

当日に出席出来なかったスタッフもいるので、このブログで共有出来たら幸いです。

大変長い文章ですが、最後までお付き合い下さい。

蒲郡クラシックホテル 新発式 豊川 御津 花屋 花夢

第23期花夢corporation新発式 社長謝辞及び挨拶

テーマ 「意識改革、そして行動」 聞く、やる、学ぶの実践

まずは改めまして、我社のこの催しに関係者の方々がご参加下さいました事に厚く御礼申し上げます。
ありがとうございます。
そしてこの由緒ある蒲郡クラシックホテル様で、昨年に続いての開催をとても嬉しく思います。
加藤様、本日は色々とお心遣いを賜りまして、誠にありがとうございました。

式典の冒頭に大井部長から今年度のテーマと今年度から取り組みだした特別プロジェクトについて、そして伊藤SMと鶴田チーフからは各部署の事業計画について話がありました。もうこれ以上何を話すのか?との声が聞こえてきそうですが、皆様方への御礼と挨拶をほんの少しだけ時間を拝借したいと思ってます。
来賓の皆様には、もう暫くのお付き合いとなります事を、お許し下さい。

先ずは、新聞のコラムにあった世間的な話から・・・
人が一生のうちに出会える人数はどれぐらいか?
一説には3万~5万と言われるが、個人差があり定かではない。だが世界73億人の中で自らが交友を持てる確率を考えれば、全ての出会いが奇跡であり、友人は「運命の人」と言える。
近年SNSの普及により電話で連絡を取り合う人が減少し、インターネットだけの付き合いが急増した。コミニュケーションに大きな変化が見られる一方、必ずしも交友関係が拡大している訳ではないようだ。
進化人類学者のロビン・ダンバー氏は、人間が一人一人の顔や名前を認識して交友関係を結べるのは、平均して1500人程度であると主張し、それは「ダンバー数」として知られるようになった。
氏によると、「サルが毛繕いをして繋がりを深めるように、人間は言葉を交わして親密になる。また一つ笑う事で脳内物質が分泌され、互いの距離感は急速に縮まる。」など興味深い知見が多い。
共に語り、共に笑う。そうして、心の絆は強くなる。
笑顔の対話こそ、信頼を育む源泉だ。良き出会いは人生を変え、生涯の宝となる。
このような内容が掲載されていた。
私が何を言いたいのか、お分かりだろうか?
ここにお集まりの皆様との出会いという、素晴らしい奇跡!
この奇跡から出会った我々は花夢という組織の中で、それぞれが力を発揮している。それはそれで、非常に崇高な事なのだが、ただ集まっただけの組織では優れた結果は望めない。色の濃い皆様を一つにまとめ上げるのは、本当に容易ではないのだ、、、
そこでポイントとなるのが、コミニュケーション!
一昨年までラグビー日本代表のメンタルコーチを勤めた荒木香織氏は、コミニュケーションが勝利の要と語っている。
まず大事なのが
①リーダーが目標やビジョンを皆と共有する事。作業の指示や数字の押し付けだけでは一人一人が主体性を持てないからだ。次に
②メンバーが自身の定めた目標に挑み、それがチーム全体の目標の達成に結びつく様にする事も重要だ。そして、最も大切なのは
③組織内の他者に興味を持ち、互いを理解するように努める事。日常生活も含めて相手の事を知るなど、意識的に関係作りをしてこそ、チームの団結力・共感力は上がるという。
先ほど体験発表をして頂いた田中さんに、皆が思いを寄せた。そんな話がたくさん出てました。(マッキーの声掛けはなかったが、、、)

もう一つ、ラグビーネタで良いですか?
ラグビーの元日本コーチ、名将エディー・ジョーンズ氏の話♪
日本での活躍は皆さんご存知だろうが、今はイングランド代表の指揮を執っている。そこでも好成績を上げて、その名を一段と高めている。
彼の日本コーチ時代の逸話を、一つ紹介します。
「義を見て成さざるは、勇なきなり」とは論語の有名な一説だ。何をすれば良いと分かっていながら、しないのは勇気がないからだとの意!この言葉をジョーンズ氏が日本チームの会議に掲げた事がある。当時の日本チームはミスを恐れ、萎縮していたという。その中で彼は勝つためのマインドセット(心構え)作りに重点を置いた。その根本として勇気を挙げたのである。そして眠っていた一人一人の力を引き出し、本番で遺憾なく発揮させた。彼曰く「勇気とは、慣れ親しんだ自分を捨てる事」
人は大きな課題を前にすると、過去の経験に照らして「出来ない理由」を探しがち...だが、そうしたこれまでの自分を思い切って捨ててみる。そして一歩踏み出した時、新しい自分に出会える。
こうしてラグビー日本代表は、あの快進撃を成し遂げたのは皆さんもご存知の通りである。

話は花夢に戻して、、、
今年度は新にプロジェクトを立ち上げた。
それは私の意識の中に強烈な思い「このままではダメだ!」との認識が湧いてきたからだ。また今の世情と照り合わせてみても、改革の必要性を痛感したからでもある。
このプロジェクトの内容は先ほど説明があったが、意味合いとしては将来への布石でもある。
私の中では花夢の将来像は既に出来上がっていて、ここ数年はその為の土台作りに徹してきた。今年度からは新たにプロジェクトを通して、人材の育成と労働改革を成し遂げる。これ無しでは、この厳しい時代を勝ち残ってはいけない。その初めが意識改革で、意識において本当に深く強く認識しなければ行動には移れない。そこに勇気が必要となってくる訳だ。
いきなり「意識を変えろ!」との指摘は、厳しいかも知れない。そこで皆様には「間違ってないかも知れないが、正しくないかも知れない。」との角度を持って頂き、今までの延長線上で大丈夫だろうとの意識を捨て去り、勇気をもってご自分の意識改革に挑んで戴きたい!それは間違いなく行動に現れる。行動に移して後に結果となる。
この原因と結果の法則に基づく単純にして明快な哲学を信じ、現場においては日々頑張って頂きたいと心から願っています。

私の挨拶の締めに、二つの指針を述べます。
先ずは、仕事に対して!
社会の場での戦いは、信用の積み重ねが大事である。それには、誠実・誠意・真心以外にない。就職をすれば、全く不得意な仕事をしなければならない事もある。嫌な上司や先輩がいて、人間関係に悩み抜く事あるかも知れない。しかし、仕事とは挑戦である。そう決めて、職場の勝利者を目指して仕事に取り組む時、職場は自分を鍛え磨いてくれる、人間修行の場となる。
自分がいる、その場所で信頼を勝ち取る事だ。その部署で第一人者になる事である。また仕事で実績をあげる事は当然だが、まず朝は誰よりも早く出勤し、元気な挨拶で皆を迎える事だ。要は朝に勝つ事だ。
人は日の当たる場所にいて期待され賞賛されている時には、張り切りもする。だが、その部署や立場を外れた時に、どこまで真剣に意欲的に仕事に取り組んでいけるかである。華やかさもない苦労の多い職場や自分の希望と異なる部署に配属された時に、頑張り抜けるかどうかである。実は、その時こそ人間としての真価が問われているのだ。
もう一つは、恩と感謝について!
恩を知り、恩に感謝し、恩に報いようと生きる時、人間は自分自身を豊かに高めていく事が出来る。
苦労をして自分を育ててくれた親を大切にする事は、人間として根本の道である。恩を受けながら、その恩に感謝し報いる事の出来ない人間に、人を救う事など出来ない。
周囲の人に感謝や尊敬の心を持てなくては、どれほど力があっても結局は孤立し、せっかくの力も発揮出来ずに終わってしまう。感謝や尊敬の心は、その人の人間としての大きさの証でもある。
感謝が出来ない人間は、人が自分の為に何かしてくれて当たり前だと思っている。結局、人に依存し甘えて生きていると言って良い。だから、他人が何かしてくれないと不平と不満を感じ、いつも文句ばかりが出てしまう。そして少し大変な思いをすると、落ち込んだり、ふてくされたりする。それは自分で自分を惨めにし、不幸の迷路をさ迷う事になる。

長時間に亘り、お付き合い下さりまして誠にありがとうございました。特に来賓の望月君と天野君、西川君には長々とお付き合いさせて、申し訳ありませんでした。この後は難しい話は一切ありませんので、ごゆっくとくつろいで下さい。
今回のこの催事に当たり、皆様方のご精進、大変ありがとうございます。
また実行委員長の伊藤君を始め、新発式の準備に協力して頂いた皆様には、重ねて御礼申し上げます。
最後に皆様各御家庭に戻られましたならば、ご家族の皆様にくれぐれもよろしくとお伝え下さい。
ありがとうございました。 

平成29年8月22日
花夢corporation 代表取締役 桑野長文

蒲郡クラシックホテル 新発式 豊川 御津 花屋 花夢
スポンサーサイト

*フラワーショップ花夢*
豊川市御津町上佐脇西区179-3
http://fs-come.com/
▼ご注文はこちらからどうぞ!
フリーダイヤル:0120-76-3329


*フラワーギフト通販の花屋【フラワーショップ花夢】*
http://ec-come.com/

 2017_08_23

Comments


 管理者にだけ表示を許可する


10  « 2017_11 »  12

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

comeshachou

Author:comeshachou
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム




pagetop